スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崎っぽ料理(カワハギ・キューセン・ヘダイ)

膝打ち身4箇所。
腰痛肩こり筋肉痛…

と、

久しぶりに身体中を痛めて仕入れてきた師崎産海の幸。

丹精込めて料理して、いただきましたよ。




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






■キューセンとカワハギの昆布ジメ

これが食べたかったのだ。
(写真上がキューセン。下がカワハギ)

特にキューセンは、モンタナさんのブログを見て、「次に釣れたら絶対昆布ジメだ」と心に決めてました(^皿^)


ヤワヤワのキューセンの身も、昆布に挟めばギュッと締まって食べやすく!

しかし、カワハギと比べると、悔しいけど(?)カワハギの方が旨味が強いですな(-∀-)

でも両方とも間違いなく美味し~~


ちなみに、同じ伊勢湾産の昆布「魚昆」でシメるという複合技を使ってみました(笑)





■キューセンの塩焼き

普通に美味しい塩焼きです。


魚焼きグリルの底に水じゃなくアルミホイルを敷いて焼くと放射熱でこんがり焼けます。今回もそれで焼いてみました。コゲましたけど…





■ヘダイの南蛮漬け

ヘダイのあまりの量に捌いてたら腰が痛くなって捌ききれず、ほとんどが南蛮漬けになりました(笑)

本当は刺身や干物にもしたかったんだけど…(^_^;)




■ヘダイの煮つけ

南蛮漬けにもできなかった残りは煮つけに(爆)

ヘダイは無難な白身魚で、インパクトはないものの、どんな料理でもイケる気がします。




■カワハギのアラと肝の味噌汁

ネコ親分のカワハギ定番料理。

肝のコクがたまりません♪




今回はこれだけ。

ヒガンとガシラは熟成中よ♪










ばいちゃ(^_^)ノシ

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

鮎を最も○○く頂ける料理法

先週数日間、料理長不在だったため

毎日まずい料理を食べていました。



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






1人残され

レトルトカレーやらラーメンやら……

うーん…… 飽きた!



そうして美味しいものに飢えつつ

なんかちまちまと自作しつつ

やがてはやってはイケナイ創作料理の世界へと手を出してしまう……





解禁の時のビリ鮎の丸干しがまだ残っていたので

それを使って出汁をとって鮎出汁味噌汁をつくろう!

なーんてことをひらめいてしまったね。



イメージはイリコ出汁の田舎風味噌汁。

完成すれば高貴な香りの高貴な感じの味噌汁となる!予定。




あるだけのビリーの丸干しを少々炙り、鍋に放り込んでグダグダいわして出汁をとってみました。

いい感じの濃いキツネ色のスープが出来たんで、出涸らしの鮎を取りだし、スープを濾して、味見。







すると……



うぎゃああああああああああぅあぅあぅあぅあッッッ~~~~~~~~󾭚󾭚󾍁󾍁󾍁󾍁󾍁󾍁󾭚󾭚



苦い!
とてつもなく苦い!

苦瓜青汁より苦い!



鮎のハラワタはほろ苦くてそれが美味しいというけれど

苦すぎる!
まるで漢方薬…… いや、これは毒……
毒の汁だ……





とても飲める代物になく、子分たちのエサになりましたとさ(出涸らし鮎が)……(涙)




丸ごと鮎は出汁にしたらあかん。










にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

たぬき・まごち・いか・はたはた・スガキヤ


京都のたぬき、初めて食べた。

美味しかった♪




ネコ親分です にゃーにゃーにゃー







■相差産マゴチ

薄造りにしてもらいました。


うまッ(°Д°)!

マゴチン久しぶりに食べたけどうまいわ~♪




■大王崎産マルイカ

塩ゆで


シンプルイズベスト!

刺身もいいけど、塩ゆでもイカの旨さがしっかり味わえる食べ方ですね!

目玉とクチバシと墨袋を取って茹でてくれてます。

このヒトテマが嬉しい♪



料理人は四季楽釣会会長・O総帥でしたm(__)mアリガトー





つづきまして

■北陸産ハタハタ

干物炙り


生で購入→干物にしていただきました。


干されてさらに味が濃くなったハタハタ。
なんでこないにうまいかなあ(´д`;)スキ‥

塩加減も抜群!



料理人はうぇぽんシェフでしたm(__)mアリガトー





明和産スガキヤ

肉入りラーメン(食べかけ(笑))


平日のヒトケのないフードコートで1人食べるスガキヤはうまいにょ~♪







以上

最近の美味しくいただいたものでした。



海の幸・町の幸・料理人様に感謝!

ご馳走さまでしたーm(__)mアリガトー










にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

島らっきょはなぜうまい

なんか久しぶりに晴れたね




ネコ親分です にゃーにゃーにゃー






早くもらっきょ漬けセットの売り場ができつつある、とある三重は名張の田舎スーパーで

島らっきょを発見!
即購入。



くんくんくん…
くせっ!




島らっきょは洗って薄皮を剥いて

塩揉みしてジップロック入れて重石のせてしばらく置いて



鰹節ハラリの
醤油チョロリで食べると最高!

爽やかな辛味が…
う~ん、たまりまちぇ~~ん(*´ω`*)♪♪♪





島らっきょはなぜこんなに美味しいのだろう












にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

今日の肴シリーズ【イワシを粗末にしてはいけません】

ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー





イワシ泳がせ釣りは生きたイワシがエサ。


イワシが弱々になったり死んでしまったらエサには使えないんで、海に還す=カモメのエサにしてしまいます。

全くもって贅沢で罰当たりな釣りですなあ。



死んではいますが、新鮮そのもののイワシ。

もったいないからネコ親分はときどき持ち帰っています。

イワシのお刺身、甘くて最高に美味しいから好きなんだな♪




しかし、いつだったか…
某女流釣り師Rさんがイワシを生で食べてアニサキスに当たり、もんどりうって苦しんだ

という話しを聞いてから、イワシを生で食べるのが怖くなったネコ親分。

最近はもっぱら塩焼きでしか食べてません。

そろそろ別の食べ方で食べよ~っと。






そんなわけで、今回は釣ってきた魚ではなく、エサのイワシを持って帰って料理しましたというハナシです。





【マイワシオイルサーディン】

缶詰めのオイルサーディンが好きで、時々食べます。

ショーユちょろっと入れて、缶ごとガスにかけてグツグツさせて……

これやるとしょっちゅう火事一歩手前の炎上騒ぎになるのよね。よゐこは真似しちゃダメよ(爆)



そんなオイルサーディンを作ります。



まずマイワシの頭と腸をとって、塩ぶっかけて放置

適当に放置したら、水に浸けて塩を洗って水気をきって


鍋に入れて

オリーブ油ドボドボドボーの、ぶちゅぶちゅニンニクをちょろんの、タカノツメぺっぺ、葉っぱひらり。


で、じくじく20分ぐらい煮る。

じくじく煮るのがポイントらしい。




完成

1日置いてから食べたけど美味しかった~\(^^)/



これを使って、色々アレンジした料理も試してみたいですな。




詳しい作り方はクックパッドを見ようね。





ほな!









にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
プロフィール

ネコ親分

Author:ネコ親分
シュールでネガティブ
ネコ親分さんはちょっぴり釣りが好き…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。