スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに飲ませてどうするつもりですの

ゲホゲホゲホゲホゲホゲホドンッドンッドンッ
フゴッ!!
ゲホゴホゲホゴホゴホ溜め息溜め息ドンッ



カゼぴき継続中…



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃーあせる










たちの悪いカゼ菌が、喉でストップ

咳がとまりません風邪ひき風邪ひき風邪ひき



カラダはピンピンしてるんですがね…



しゃべりもままならないんで、仕方なしに病院へ行きました。







診察室にて…

「あーんして」

で、
あーんして喉見てもらい

「ああ、風邪やね」

という、わかりきってる診断をしてもらいました…青首大根青スジ






その後、薬をもらって病院終了

待ち時間一時間
診察3分

だから病院はキライ。






で、

お家帰って薬飲もうとしたんやけど

その薬の量がハンパなかった
ぶっぶっぶっ


6種類
1回に飲む量が10錠とかありえへん…







あんまし風邪ひかんし、風邪で病院とか行かんから知らんかったけど、今どきは風邪でこんだけ薬飲まなあかんのかね。

昔は熱あってももうちょっと少なかったように思うんやけど…




ほんまにこんだけ飲まなあかんのか?

ひたすら疑問に思いながら流しこんどります。









さて、

台風が微妙な位置にいてますね。



週末は、高波?強風?

はたして船は出るのでしょうか?



鳥羽でアレが沸いているみたいやから戦いに行きたいんですけどねえ…





どうかな~~~

???

にゃーにゃーにゃー



スポンサーサイト

怪獣日本一男Vs.ウマシカ戦隊ツレンジャー

ゲホゲホッゲホゲホドンッ溜め息溜め息


う~~‥ガゼびぎまぢだ…



瀕死

ネコ親分です…風邪ひき風邪ひき風邪ひき











チームウマシカは普段はのんきな時計屋さんだったり、化粧品屋さんだったりするが、ひとたび指令が入れば、海の平和を守るウマシカ戦隊ツレンジャーになる。




先週末、関東は腰越をネジロとするカワハゲ強奪一味・大怪獣チームサンデーの1人である怪獣日本一男富士山が、東海地方を襲撃する!との一報が入った。


この一味に襲撃された海は、カワハギというカワハギ根こそぎ釣られてしまい、ペンペン草も生えない状態にされるらしい…ムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びヒョェ~~




今回のターゲットは師崎のカワハギだ。




師崎のカワハギを守るため、行くぞ
ウマシカ戦隊ツレンジャー!

GO!ウマシカ!GO!!









てなわけで、愛知県師崎港

船は「七福丸」

集いしメンバーは
ウマシカ戦隊からツレンジャー・モエギ(うぇぽん馬)、ツレンジャー・グンジョウ(ネコ親分)、頼りになる助っ人MASAさん(ツレンジャー・ビリジアン(仮))

そして怪獣日本一男(フジさん富士山)




横浜からぶっ飛んできた日本一男富士山はすでに12時には到着し、港で仮眠をとっていたという余裕ぶり。

かたや、ツレンジャー・グンジョウのネコ親分は、出船の一時間前に到着したものの、駐車場満車で、遠くの第2駐車場までまわされるハメに…うわぁ~んおい








そして、乗船

この写真を最後に、親分は写真に登場しなくなる。

なぜならば、先ほどの第2駐車場まわされる騒動で、慌てた親分はクルマにカメラを忘れてきてしまったのだ。

よって、本編の写真はすべてうぇぽん馬ブログからシェアすることになった。

が、シェアと引き換えに、撮影を命ぜられたため本人全く写っていない。

それってどーよ(笑)







まあそれはさておき、実釣開始

まずは港からほど近い浅場でワッペン狩りだ

師崎の未来を担う若きカワハギの命を守れるか!?

それ行けツレンジャー!









ウワサではこのポイントは、ワッペンに翻弄されつつも、二桁楽勝の数釣りポイントらしい。




が、



というのはウワサだけで



反応薄し…






怪獣日本一男富士山の襲撃をおそれ、いち早く避難したのかカワハギちゃん?



本命ポイントにもかかわらず大して釣れないんで、早くも船は沖のポイントへと移動することになる。









そして沖のポイントへきて、ついに怪獣日本一男富士山が火を吹いたドンッドンッドンッ



宙の釣り+ゼロテンからの一瞬の抜き掛け!

ガッツンガッツン!!

怪獣は確実にカワハギだけを仕留めていく。



次々に釣られてゆく師崎沖のカワハギたち…






しかしウマシカ戦隊も負けてはいない!

助っ人ツレンジャー・ビリジアンが大型カワハギを魔の手から救った

ナイスだビリジアン!





そして肝心のツレンジャー2人は…





2人で貧果を競っていた…





ツレンジャー・モエギがウンコ臭いウマヅラなど釣れば、負けじとどす黒いイソベラ2連荘で追撃をかけるツレンジャー・グンジョウ



外道の命を救いまくる2人…


一体何をしにきたのだろう…











結果

大怪獣日本一男・フジサン富士山18尾のカワハギ捕獲。
竿頭にて1人勝ち。

「ワシに勝とうなんて1000000000億年早いわ!ケケケケケ」
と、怪獣日本一男富士山高笑い笑笑笑



ツレンジャー隊もビリジアンが12尾とかなり健闘をみせてくれたが、モエギとグンジョウがツヌケならずで足を引っ張り大撃沈したしたした354354スンマセンスンマセンスンマセンあせる






かくして師崎のカワハギは、怪獣日本一男1人の手によって絶滅…

かと思いきや、

なんと、怪獣日本一男は20センチ以下のカワハギをリリース!

なんという悪党らしからぬけしからん行為。




これではメンツがたたないと思ったツレンジャー・グンジョウは、そのリリースしたカワハギを頂戴…もとい、怪獣の魔の手から救い出して自分のクーラーへポイ。

無事確保LOVE


これにて撃沈から一転、めでたく師崎カワハギを怪獣一味から守ることに(かなり強引ではあるが)成功したのでありました~はたキラキラヨカッタヨカッタ






とはいえ、怪獣一味にはまだ熊狼男という最強のボスが控えている。

我々はいつなんどきこの怪獣の襲撃を受けるかわからない恐怖にさらされているのだ。


おおよそ歯がたたない相手ではあるが、ウマシカ戦隊ツレンジャーは海の平和のため戦いつづけるぞ!

GO!ウマシカ!GO!!











てね

毎度のことながらアホなことばかり書いてますが、今回フジさん富士山のカワハギ釣りを見せていただき、また、レクチャーもいただき、かなり勉強させていただきました。

停止してたカワハギ脳も、これでようやくスイッチが入ったみたいです。

次お会いするときは、もうちっとマシに釣れるようになってるよう、ぼちぼち精進していきたいと思います(。-`ω´-)(。-`ω´-)(。-`ω´-)


ありがとうフジさん富士山

また遊びに来てね!







んじゃ、
めちゃ風邪ひいてるんでこれにて失礼



ばいちゃのちゃ


にゃーにゃーにゃー

日本一の男がやってくる!

あれ?

昨日までカレイ釣りしてなかったっけ?



て思うくらい

一週間早かった。




もう週末なのよ。




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー










明日、東の方から「日本一富士山」の男がやってくる。


お隣、愛知県の師崎までやってくる。




日本一富士山の男の襲来に伴い、停止してたカワハギ脳を緊急作動させねばならんようになりました。







カワハギってどうやって釣るんでしたっけ??

エサはニョロ虫やったかな?

竿は9メーターで良かったっけ??











ん~~‥

カワハギ脳がちゃんと動くようになるまで、もうちょっと時間がかかるみたいやな~






とりあえず、帰って仕掛け作ろうと思います。







で、

仕掛けってどんな仕掛けやったっけ???



にゃーにゃーにゃー

ネコ親分の鰈旅⑤ 東北グルメ編

釣りは旅

旅は食



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー









しかし悲惨な釣りだったのー



まさか目標が、たまちゃん(※)超えになるなんて…
出発の時は夢にも思わなんだなが~んが~んが~ん

※たまちゃんとは…
2年前に一緒にカレイ釣りにきて、入れパク高活性の中、9枚しか釣ることができなかった伝説の世界一釣りがヘタな人









そんな悲しい釣り話しはとりあえずおいといて

最後は美味しい東北話しでこの旅の記録をしめくくるとしましょう!









まず初日、

釣りを終えて向かった先は
「マリンゲート塩釜」

津波がここまできましたという案内表示が所々にあって、ちょい切ない気持ちになる…




この施設の2階に、うぇぽんくんの知人の弟さんが板さんのお寿司屋さんがある

寿司屋「山考」

なにやら有名店っぽいな。



ここで全員、本日のおすすめ握りをいただきました。

ウマウマ!

さらに、サービスでフカヒレ入り茶碗蒸しもいただけて、これがまたたいそうデリーシャスあげ

 

余は満足でござるにこにこにこにこにこにこ



そんな素晴らしいお寿司の写真はありません。

なぜならすでにスマホの電池が切れていて、撮影できなかったからです(泣)










2日目の釣りを終えて、

次に向かったのは森の都仙台…の駅前


その駅前のなんたらいうデパートで、うぇぽん氏は幼少期モデルをやってたらしい…

ナニモンだてめー(笑)


 


で、
ここでいただいたのは、
仙台名物「牛ベロ」!

一番うまいと言われる「善治郎」て店で食べることができました。



牛タン重(竹)
超デリシャス!

肉の厚みが全然違うんだよね。

なんで地方へ行くと、牛タンってのはあんなに薄くなるんだろー(謎)










そして一行は、その日お世話になるうぇぽん実家へと向かう。




車ダッシュ




うぇぽん実家ではうぇぽん父・母・妹・義弟・姪・甥が総出でお出迎え



母、若い

キャラがうぇぽん氏とかぶってる(笑)




そしてその晩、うぇぽん母作・豪華仙台名物料理の数々をご馳走になってしまいました


仙台味噌に漬けこんだトロケる肉を野菜と一緒にいただく。

はっきり言って最高!




ホヤだ。
それも貴重な赤ホヤ!

なんともいえない磯の風味と甘みが口の中に溢れるんだな~

この味はホヤが新鮮でなければ味わえない味なんだよね~~にこにこにこにこにこにこ




何回聞いても名前を覚えられなかった、不思議な食感の山菜

この際「サクサクネチョネチョ」と名づけとこう

そんな食感で、素朴ながらうまい。



他にも、
カボチャとホタテのサラダ、ミニナスの漬け物、マグロの刺身、サンマの刺身、その刺身で食べれる新鮮トロサンマで作った煮サンマ、仙台味噌の青葉巻などなど…

さすが美食家うぇぽんの母だけあって、すべての料理がAAAランク!




あとコレ

ずんだのおはぎとおくずかけ。

これもうまかったんだわ~~LOVE


ずんだは大阪のデパートでやってた物産展で食べたのと全然味が違った。

ちゃんと豆の味がした。

これがほんまもんのずんだ味なんだなと、深く感心したネコ親分なのでした。





食って呑んで語って笑って…
そんな美味しくて楽しい仙台の夜が更けてゆく…夜空


うぇぽんファミリーの温かいもてなしに、海よりも深く深~く感謝なのだ<(_ _)>アリガトウ!










どーでもいいんだけどね

うぇぽん家の裏の生協で、はなさんはお土産買うと言いつつ、普通に山ほど買い物してました。


ガクブルガクブルガクブル


それって岐阜でも買えるのでは…

なんてことは口が裂けても言いませんでちた。




さらに帰り道、サービスエリアに寄るたんびに、これまたなにかしら食べ物買ってはりました。

見てはいけないものを見た気がしました。








旅は食

はなは食





以上です

にゃーにゃーにゃー




ネコ親分の鰈旅④ マーライオン現る編

釣りは悲劇

釣りは無駄骨



ネコ親分です…にゃーにゃーにゃー









9月16日(日) 
東北カレイ釣り2日目



昨日の釣りは夢で、実は今日は爆釣! 



なーんて期待は一切なく、トボトボと港に向かう…








今日はbunさん&はなさんも参戦


bunさん、ハードスケジュールの中釣れてるカワハギをおいて関東から来ていただきましたが…
すんません釣れませんねん…おばけぇおばけぇおばけぇ










AM5時
釣れないけど出船~



船ダッシュダッシュダッシュ



ちなみに今日の船長は明美姐さん。

やはり東北丸といえば明美姐さんやわ。



姐さんは日本初の遊魚船の女性船長。

絶対元レディースだったと思われる風貌ですが、シャイだから写真撮影は常にNG(゜∀・)

皆さんに見ていただけないのが残念なんだな(笑)









そして船は再び大型漁礁にやってきてしまいました…



台風がまだ沖縄あたりでのたうってるため、今日もホワンホワンなウネリが打ち寄せる…


そして
このウネリが後々悲劇をうむことになるのだ…












釣り開始



今日もまた、大型漁礁のカレイ釣りとは思えないポツンポツンのシミ探しが始まる…










と、思った矢先

はなさんヒット!




しかも



なんと




どーーーん!
 
ダブルだ~~~~ムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫び!!!!

すげーーー↑



何気に、上級者が使うという「追い食い」なるテクを使ってダブルを達成したはなさんでしたが、実はたんに巻き上げのタイミングがわからず、放置してたら2つ食っちゃってた‥というのはここだけの話笑


それでも、ダブルでカレイを上げたのは、今回の釣行で後にも先にもはなさんだけよ!

素晴らしいキラキラキラキラ



そしてその後すぐ、また1枚掛ける!
 
 ↓
 ↓

おっと!また1枚!



小突きなし
動きなし
巻き上げタイミングわからない!


それでも釣る!


はなさんすげー
ホンモン(本物)だよ~~~










かと思われた




その後すぐでした




はなさんの様子がおかしくなったのは…







口数も少なく…
目が死んでいる…



竿を置いたかと思ったら



「気持ち悪い…」


そんな言葉を残して、シンガポールへ旅立ってしまいました…






「はなさーん 大丈夫ですかー??」

「………」



フラフラになり戻ってきて、竿を持つも…
「………」



「はなさーん 無理しないでくださいねーー」


「う・うん…  うっ!」



ドバァ~~~~~~~~~あせるあせるあせる




そして帰らぬ人となりました…

出費






シンガポールへ旅立ったはなさん

それでも現在竿頭(笑)



残された者は必死で釣りました。

ゾンビマーライオンに負けるなんて、ありえないと(笑)



小突いて小突いて
小突いて小突いて…


腕が痛くなるぐらい必死で釣りました





でも




時おり、ゾンビマーライオンが墓場(トイレ)から舞い戻り、フラフラと死んだ目をして竿を握って仕掛けを落とすと…




釣れてるんです…


ムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びムンクの叫びしたしたした





そしてまた墓場に戻り


油断させ


また黄泉返っては釣る…







なんと恐ろしい…。

実釣時間トータル1時間もあるかないかぐらいなのに、マーライオンは8枚のカレイを釣り上げたのです。


ちなみに親分は6時間かけて13枚…

ちなみにみんなだいたいおんなじぐらい…


恐ろしい…
はなさん恐ろしい…


もはや神が降臨したとしか思えないミラクルな釣りを見せつけてくれたのでした。


わしゃもうカレイ釣りってやつがなんなのか、わからんよーになったがやうわぁ~んうわぁ~んうわぁ~ん








こうして、2日目の釣りははなさんがゾンビになってまでして話題を独占し(笑)、終了。



そしてこの旅もいよいよクライマックスへと向かうのであった…









あと1枚写真貼れるんで、本日の大物賞載せときます

(笑)






カレイ、来年リベンジ!


にゃーにゃーにゃー

ネコ親分の鰈旅③ カレイのシミ編

釣りは謎

釣りは予想外



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー







さて、そんなこんなで
やってきました

「仙台湾口大型漁礁周辺海域」

通称:大型漁礁



カレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレーカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイ鰈鰈鰈カレイカレイカレイカレイカレイカレイカレエカレイカレイ鰈カレイカレイカレイカレイカレイ鰈カレイカレイ…

な感じの

魚量全国一の有名カレイポイント!



驚くほどにカレイがひしめいており、ここでは連日二桁釣果は当たり前。三桁釣果も珍しくない、そんな夢の華麗なるカレイのワンダーランドだ。




(。-`ω´-)(。-`ω´-)(。-`ω´-)





カレイの釣り方は「小突き釣り」

オモリで底をトントンやって、砂煙りをたてて誘うという釣り方です。

エサは「ニョロ虫」(青イソメ)



アタリは「コツ」とか「プルプル」みたいな感じで明確に出ます。

アワセればまあ間違いなく確実にヒットしますね。
バラシほぼなし。

大して難しいテクニックはいらないし、誰にでも簡単によーさん釣ることができるシアワセな釣りなのです。



で、このカレイという魚、小さくても結構引くんですな。

地面から剥がす時のモタっと感と、平べったいカラダで暴れるバタバタ感がなんとも楽しいんです。

釣り味、はっきり言ってイケてます。



もちろん、食べて美味しい魚であることは言わずもがな。




釣って楽しい、食べて美味しいて…

嗚呼、カレイ釣りはやっぱええわあ~~~が~んが~んが~んハート②









それでは
いざ、実釣~~~(・∀・)(・∀・)(・∀・)あげ







いや~~ 釣れた釣れた




さすがは大型漁礁

さすがカレイの絨毯




底はカレイだらけで~




おかげさんで11枚も釣れたわLOVE




バンザーイあげバンザーイあげ




















て…




パーおい




おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい




おいドンッ!!!!!







なんで11枚しか釣れんのじゃーーー!!!!????
(#゜Д゜)(#゜Д゜)(#゜Д゜)(#゜Д゜)(#゜Д゜)(#゜Д゜)ドンッドンッドンッドンッドンッドンッウガーーーッッッ!!!





3人がかりで、30枚ちょっとしか釣れてねー…




そんな馬鹿な
そんな馬鹿な
そんな馬鹿な
そんな馬鹿なああああっっ~~~!!!

ガクブルガクブルガクブルアワワワ…汗汗汗









いつでも、どんな時でも数釣れる

船長が「今日は渋いわ…」
という時でも、4、50枚釣れたカレイなのに…


なのに


なのに


なのに~ 


な~~~ぜ~~~


orzorzorzしたしたした









カレイ行方不明?
台風の影響?
高水温が影響?
ピークが過ぎた?


理由はわからんが、我々が悲惨だということは、これはもう紛れもない事実であるががん






大型漁礁にカレイの絨毯なし。

「あったのはカレイのシミだ」




カレイのシミ…

ふむ、まさしく。
うぇぽん(病)はうまいこと言うたの~

わははははははははは笑笑笑笑笑










354354354354354354354354354354354354あせるあせるあせる










東北大型漁礁でのカレイ絶対的爆釣神話は、まさかのこのタイミングで見事に崩れたのでした



ははははは



わらえねーーーーーー








つづく…


スカルスカルスカル

ネコ親分の鰈旅② 4時発4時着いよいよ編

釣りは旅

旅はワクワク



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






9月14日(金) PM4時
名張出発

 ↓
 ↓
 ↓

PM6時半
愛知県刈谷SA出発

 ↓
 ↓
 ↓

旅のメンバー
・ウマシカのウマ馬うぇぽん(病)
・岐阜のタヌキ・はなさん
・なにわのシーサー・すーやん
・ネコ親分
 
 ↓

旅のスケジュール
・9月14日 出発
・9月15日 1日目の釣り
・9月16日 2日目の釣り
・9月17日 凱旋

 ↓
 ↓
 ↓

ネコハイエースひたすら北上


運転はネコ親分~うぇぽん(病)~すーやんと3人ローテーションの、
いわゆる三勤交代制(参勤交代ではない)



ノンストップで走り、渋滞なく順調に行けば、ギリギリ出船時間に間に合う予定。



なので晩メシはおのずと車中、タイミング悪く運転しながらとなる。



マルKの油ギトギト焼き鳥とベッチョリ旨辛チキンが今宵のネコ親分の晩ご飯よ(´-ω-`;)



途中、メールなど送ってくれた知人諸君、返信できなくて誠にスミマセンした

なんせバタバタでした
<(_ _)>ヘコヘコ



車ダッシュダッシュダッシュ

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

そうして夜通し走り続け

9月15日(土) AM4時
宮城県塩釜市 まがき港に
無事到着~~~↑↑↑



所要時間13時間
走行距離約830キロ

いや~ 走った走ったが~んが~んが~ん溜め息





そして
休む間もなく乗船だーー(笑)








ネコ親分の東北カレイ釣りといえば、乗る船は「東北丸」ね

あの大津波に負けず、よくぞ無事でいてくれた!




港は一見してわからないが、よく見ると地盤沈下してたり、堤防やら建物が壊れてたり、ところどころ震災の跡がまだしっかり残っている。



それでも、東北丸のあるまがき港は、松島が大津波をくい止めてくれたおかげで、被害は少なかったそうな。



松島ありがとう



とにもかくにもまず東北の海に合掌












AM5時 出船



釣っちゃるぜ~


気合い十分。
鰈熱(38℃)の男

すーやんは朝から鶏唐弁当
(写真消失↓↓)



ちなみにはなさんは港に居残り。

寝不足での乗船は船酔いするため、初日は釣りせずに、松島観光するんだとかなんとか…

仕事帰りに仕事着のまま東北まできたはなさんに合掌

(笑)






そりでは行ってきまーすばいばい








ポイントまでの所要時間は約一時間

台風の影響でウネリのある海を、波しぶきたてて進む東北丸

この先に、カレイが敷きつめられたカレイの絨毯が広がる、東北名物「沖の大型漁礁」があるわけよ。




釣っても釣っても釣れ続ける、夢のようなカレイの絨毯


遠慮なく、むしってむしってむしり倒しまショウ!!









つ・づ・く

にゃーにゃーにゃー



ネコ親分の鰈旅① 出発の日の朝編

この一週間はハイパー忙しかった!



やっと週末



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー









本日出発!

目指すは東北・宮城県!

釣るのは「鰈」!




たかがカレイを釣るために

三重県から宮城県までクルマ走らせて行くという行為は

あまりかしこい人のすることではないんだろーな





釣り場までの所要時間10時間とか

台風の影響でシケ予報とか

マックスバリューでカレイ(一夜干し)2枚298円で売ってるとか



まあまあツッコミどころ満載。

ほっといてパー(笑)







今日は昼まで仕事して
(と言っても辞令の発表を聞くだけ)


ダッシュで帰って


荷物積んで


名張駅まですーやん迎えに行って


残り2人を刈谷で拾って


北上!



京都→奈良→三重→愛知→静岡→神奈川→東京→茨城→栃木→埼玉→群馬→福島→宮城

1都1府12県またぎ

(笑)






釣りは旅

釣りは出会い




行ってきます



にゃーにゃーにゃー

マハタちゃん、たまりましぇ~ん

魚はアジ・塩サバ・イワシがメイン。

一番の高級魚は鯛

もしくはマグロ(サク)



てゆー



山間の田舎育ちの親分さんは

海釣りをするまで、根魚系の味というものを知りませんでした。




根魚デビューは「オニカサゴ」でしたが…

そのお味ときたら…

これまで食べてきた「美味しい」とされる魚のどれよりもトレビアンでデリーシャスじゃありませんか!



世の中に、こんな美味しい魚が存在してたとは…



驚き&感動キラキラキラキラ



それ以来、根魚の味のトリコロール




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー







て、


長い前置きになりましたが、

本編は「あのマハタちゃんを食べました」報告です(・∀・)(・∀・)(・∀・)





釣った魚はめったに食べないネコ親分

捌けない・めんどくさい・料理下手などの理由があるわけですが…


今回ばかりは絶対食べたかった!




で、

お家帰ってから料理長さんにひたすらお願い…

<(_ _)>サバイテ
<(_ _)>サバイテ
<(_ _)>リョーリシテー

しかし料理長の反応は渋い。
なかなかウンとは言ってもらえない。



仕方ないんで、
この親分が
ついに
出刃を握った



ら、



料理長:
「てめーなんかに捌けるわけねーだろが!!」


て言って、結局捌いて料理してくれることになったあは♪



こうして、なんだかんだで甘やかされ、いつまでたっても魚捌けない、魚料理下手な親分が完成されていくのだ(笑)







さて、
後はひたすら親分の自己満足に満ちたグルメリポートをドウゾ!

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

根魚系は鍋で食べるのが一番好き。

この生ゴミにしか見えないアラがたまらなく美味しいのよね

むしろ身はいらん。
アラがアレばそれでE

てくらいね。



最高峰はもちろんオカシラですな

目ン玉あり、頬肉あり、クチビルあり… 極上部位オンパレード♪



固い頭なのに、とあるところに刃を入れるとスパンと楽~に真っ二つ

て、料理長が言うてました。



なんて存在感のある…LOVE




この脂みて!




ここよ、ココ!

頬肉たまらん!



うまい!
うますぎる!!



みーちゃんもメロメロ




ま、身は適当にしゃぶしゃぶしゃぶ…と




シメは濃厚ダシで雑炊。

海苔はいつかのタチウオ釣りんときもらった貧果賞(笑)





絶品!




ご馳走様でした


にゃーにゃーにゃー

ユルユルなぎさでナギイチ釣れた【後編】

貴重な活きイワシエサ

最後の一匹を

投入2秒後にシイラにもってかれました…






ネコ親分ですにゃーにゃーにゃーむかっ





ご丁寧に、2回ほど華麗にジャンプまで披露して、

最後は「ぺっ」て、イワシ放して去っていきよりました…




しばくぞ( ゚Д゚)・:、ゴルァグー溜め息







イワシがなくなって、カンコの中に残されたのは

アジとカマスとウミタナゴ…
(なんやねん、このレパートリーは!?)




とりあえず、アジを代役に再チャレンジすることに。

イワシに比べたらガクンと食いつきは落ちるけど、アジもまあまあ… それなりな働きするやろ‥

あんまし期待はしてないけど…








すると‥



期待に応えて一発アタリ!


このアジはできる子だと思ってたわハート②(←青首大根)





良型ガシラが釣れまひたチョキ

いつものごとく、写し方悪いんで大して大きく見えません↓↓

40センチ弱くらいかな~



エサがデカイんで、掛かる獲物のサイズもアップあげしたよーですな。






と、思いきや!





香芝店さんサバGET!

エサのサイズと獲物のサイズは関係ないよーだす(・∀・)(・∀・)(・∀・)ハハ‥
(アジも釣れたしね(´-ω-`;))









そして、
代役のアジも残り少なくなった昼下がり…




親分アタリありひらめき電球




モゾモゾ… グググ‥ 的な、根魚らしいアタリでした。


しっかり食わせてー
聞き上げてー






ズドーーーーーーーーーーーン!!!!!!



「おやおやおやおや!!??」


この獲物、これまでとはひと味違う引きですだ。


ガンガンゴンゴンドンッドンッドンッ
暴れる暴れる


ウィンウィンウウウ… ジッジジジ…
電動リール唸り、ドラグ出る出る




これ
間違いなく大物だしにこにこ

で、
多分アレ系だしにこにこにこにこにこにこ(謎)





ワクワクなやりとりを満喫して、いよいよ姿を見せたのは…








こいつ

ドーーーーーーーーン!!!



根魚師が愛してやまないアレ

特良型・純ハタマス(マハタ)様のおな~り~↑↑↑





カワハギ釣りしててもたまにミニサイズが外道として掛かることがあるが、50センチオーバー・3キロ級となると、なかなか揚がらない貴重モンである。

この系統はデカイほどウマイ!

刺身もイケるが、鍋にして食べたら… いかんともしがたい超絶な美味しさである!



もちろん、スーパーやそこらの魚屋ではお目にかかれない極貴重高級魚。


食べたければ釣れ

釣り人だけが味わえる嗜好の魚なのだきゃはっきゃはっきゃはっ




こんなのが釣れてしまうなんて…


嗚呼、神はまだ我を見捨ててなかった…(笑)


アーメ~~~~ンあげキラキラ








今日の釣りはこれでお終いにしといても良かったんだけど

欲張り親分の釣りはもう少し続きます。







その後、浮き漁礁へ行って、幼児虐待サイズなカンパチっ子(シオ)を釣り


夕マズメを狙って、アオリイカをしばきました。



もはや余裕ぶっこぎで写真も撮らなくなった親分

香芝店さんがFacebookでアップした写真など、パクッてアップする(爆)



アオリはまだまだ新子。

磯際をキャストして攻めましたが、カブトムシ~カツレツサイズと小さめでした。

しかもそれほど数も釣れず…・・・・



船長:「おかしいなあ‥ 昨日はいっぱいついてきて簡単に釣れたんやけどなあ…」


だから…

そのセリフ聞き飽きたし…青首大根青首大根青首大根
(笑)




10月に入ればティップランでそれなりサイズも数も楽しめそうです。


ユルユル会の皆さん、また行きましょうにこにこにこにこにこにこ







てなわけで、ユルくて楽しい釣りはこれにて終了なり。




次はいよいよ「東北宮城県遠征・カレイ釣り」だよーーきゃはっきゃはっきゃはっ





頑張るのん


バイのん♪(←)


にゃーにゃーにゃー

ユルユルなぎさでナギイチ釣れた【前編】 

憂鬱と書いて週明けの朝と読む

その逆もしかり



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー








YKK香芝店ポン夫人の
「ユル~イ釣り企画してよ~」

というリクエストにお応えして

「ナギイチはNMB、バルコニーで待ってては聖子ちゃん。船はやっぱり「なぎさ丸」de、ユルみっぱなしのイワシ泳がせ&アオリイカ釣っちゃうぞー会」

が行われたのは昨日の日曜日(゜∀・)(゜∀・)(゜∀・)







午前9時30分出船という、朝マズメ・朝の時合いを無視した、釣り船あるまじきスロースタート

初っぱなからユルユル全開なのだ笑





そして、まずは根魚狙いの「イワシ泳がせ釣り」がスタートする…

予定でしたが



ナント!
エサの(活き)イワシが手に入らないアクシデント発生ぶっぶっぶっ


おいおいおい、
エサなしでどうやってお魚釣るんだい?





仕方ないので昨日のお客さんが残していった、わずかばかりのイワシを使って、予定通りイワシ泳がせ釣りを決行することに。



ただし!

イワシエサを使えるのは女子のみ。


男はそう、
黙ってジグなんだグッド!




普通の釣り船ならお客さん怒ってちゃぶ台ひっくり返すようなシチュエーションではあるが、ユルユル会だからそれもOK!

てか、男たちが皆、当初の予定になかったジグの準備をしていたというところがジツに不思議である(´・ω・`)?(´・ω・`)?(´・ω・`)?





ま、そんなこんなで
男はジグで、女はエサでの根魚釣りスタート




イワシの泳がせ(根魚)釣りは、こないだのヒラメ釣りと仕掛けも釣り方も一緒。

イワシを泳がせてアタリを待つ
ただそれだけ

簡単明快根掛かり注意にっこりにっこりにっこり






イワシを底まで沈め、ゴツゴツ凸凹の底をトレースしながらアタリを待つこと20分…


よーやく親分に最初のアタリあり。



モゾモゾっときて、コココッ!

早アワセは禁物で、しっかり食わせた(と思われる)あたりで竿を持ち上げる。

ズーーーンと重い。


ここで電動リールスイッチON!


グイーーーンと巻き上げ開始だ。




巻き上げ時の引きで、何が掛かったかだいたいわかる。


この度は、最初だけ暴れてあとはドテッと重たいだけだったんで、多分ガシラの系統だろう

 ↓
 ↓
 ↓

ほれ、やっぱり

剛力アヤメ(カサゴ)さんです。






ほどなくして2回目のアタリあり。

今度はなにやら竿がフワフワホワンホワンとパンダパンダ



妙なアタリに首をかしげながらも竿を持ち上げると

ズシッ‥

「あら、乗ったわ」



で、再び電動リールスイッチON

巻き上げは楽々。
獲物のサイズは小さいね。



電動の巻き上げが完了し、仕掛けを手繰り寄せ、そこに見えたのは…

 ↓
 ↓
 ↓

まあ! お久しぶり!

親分の大好きちゃんでした笑笑笑



なるほど
どーりでホワンホワンするわけね。


てか、
アワセがちゃっかり決まって、しっかりフッキングされてるあたりがワラエルきゃはっきゃはっきゃはっ








その後はアタリ渋く、ポツポツ…




香芝店さんオマツリと勘違いしてガシラGET



香芝店義弟さん肉厚ラメヒGET!



香芝店ポン夫人、ブサイクGET



親分、活きイワシでアジGET

・・・汗


さすらいの釣り師、サバ(20センチ)GET
(取材拒否(笑))





いいんだか悪いんだかの
微妙な釣果。





船長:「おかしいなあ‥ 昨日はよーさん当たったんやけどな~」



そのセリフ、聞き飽きましたから青首大根






しかしこの後、親分にとっておきのアレが掛かってしまうんだ~♪

ウシシシシシ



アレってなんぞね?





後編待つべし!グッド!

秋の思い出・秋の楽しみ方

あーもー、ホンマ疲れた…

最近仕事がたてこんでて…



グッタリす



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー







まだまだ残暑厳しいですね~


でも帰り道がもう真っ暗なんで、秋だなーと感じたりもします。








ここで唐突に秋の思い出話し。



前回、夏休みの思い出話しをして盛り上がったので(←?)

秋の思い出話しも…




と思ったんですが、




秋は大した思い出がないのか、あんまし思い出さないんだな。




多分、夏ハジケ過ぎて力尽きて、秋はおとなしくソロバン教室にでも通っていたんでしょー(笑)








秋の思い出は、大人になってからのが楽しい。




涼しくなってくると火が恋しくなるのね。



やたら焚き火に萌える女でして

ところかまわず焚き火しました。

 

特に「港で焚き火」

これがいい。




釣りをして

焚き火して

夜通し釣りをして

焚き火して

釣れもせんのに釣り続け

燃やし続ける




はた目には、路上生活者・浮浪者にしか見えません(爆)





焚き火の中に、野菜を放り込んで

丸焼き野菜にして食べたわ

ワイルドだろ~(←)





おしとやかに、七輪を使うこともあったわね。



七輪では、王道の「サンマ」を焼いて食べたわ。



たかがサンマが、

「こんなに美味しくていいのか!!??」

てゆーくらい、めちゃくちゃウマかった。



七輪(炭火)で焼くということが、どれだけ素晴らしい味つけになるかを知った20歳(ハタチ)の夜…







しばらく焚き火もしてないなー



そろそろなんか燃やしたいなー(←)






晩秋に、港でハゼ釣りして

夜な夜な七輪でサンマ



こんなプランはいかがでしょー





にゃーにゃーにゃー

鮎の夏2012 閉幕!?

そして日曜日は鮎釣りでした。



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー





J師匠にまた指導していただけることになったんで、張り切って朝早よから行こうと思ったんやけど…


どーにもこーにも

カラダが起き上がらんし
目が開かないし…




いかんわ

最近連チャンの釣りがキツイ…が~んが~んが~ん






で、1時間遅刻して、いつものオトリ屋(追星)へ






すぐ川へ向かうのかと思いきや

パサパサ気味のバームクーヘンと、アタリメをアテに、モーニングアイスコーシーをいただきながら

仲間としばらく鮎談義



(゜∀・)(゜∀・)(゜∀・)



その間もひっきりなしにオトリを買いにお客さんが来る。



どこの河川も釣果が思わしくないからか

唯一安定して二桁釣果が出ている名張川に釣り人が集中してるよーである。





こんだけ人が来たら、もうめぼしい場所はどこも空いてないだろな…(´-ω-`;)(´-ω-`;)(´-ω-`;)






て頃に、よーやく出発
 
 ↓

よーやく入川

連日たたかれてたたかれてたたかれまくりのやりっカス「北出裏」へ






当然ピリッともしません





ピリッともしない場所なはずなのに、師匠は隣でばんばん…ぶっぶっぶっ







もんのすごーーーーいウデの差を見せつけてもろてから、しっかり指導していただけましたとさちううっちううっちううっ

お昼までやって9ayu…(泣)








釣れる川、釣れる場所で釣るのは当たり前

釣れない川、釣れない(と言われる)場所で釣る

それがカッコイイ やろ?


と師匠




そんな鮎釣り師に親分もなりたい









鮎の夏2012

閉幕(かも)



にゃーにゃーにゃー

ヒラメラメラメヒラメ釣り

よゐこの無人島生活テレビ見るのが好き!



ユル~イサバイバル生活したいネコ親分ですにゃーにゃーにゃー








先週土曜日は連載雑誌の取材で、鳥羽にて「豪華外道付ヒラメ釣り」でした。


久しぶりに、IWC(開店休業)のご隠居と一緒に行ってきましたよ。




船は本浦の「山洋丸」
鳥羽で一番デカい船。

ゆったりと快適な釣りができますにこにこ





AM6:00 いざ、出陣! 
ぶぉ~~~~(←ホラ貝(笑))



エサのイワシを積み込んで、山洋丸どんどこ沖へ船ダッシュダッシュ





ポイント到着までに、釣りブログらしくヒラメ釣りの説明なんてのをしておきましょうか。



エサはピチピチのマイワシちゃんうお座

エサ屋では「活きイワシ」と書き、雑誌ではなぜか「生きイワシ」と書かねばならない、生きたイワシがエサな贅沢な釣り。



仕掛けは「胴突き1本」で、1ヒロ余りのハリスに親針&孫針のシンプル仕掛け。

オモリ60号(統一)



親針にイワシをセットして投入すればOKなわけだが、ポイントはエサのイワシを素早く優しくつけること。

蝶よ花よと扱っていただきたい。

イワシを弱らせたり、ウロコを剥がしてしもーてはヒラメへのアピール力が弱まって釣果もダウンダウンダウン


鮎のハナカン通しのさらにデリケート版と考えていただいたらよろしいかな。



で、仕掛けを底まで沈めたら、底をトレースしながらアタリを待つ。

時々竿を持ち上げるなどして「誘い」を入れるのもgoo



アタリはモゾモゾくるタイプ、ガブッとくるタイプ、カツーンとくるタイプ
色々。

その時々に合わせて掛けるわけだが、そこはやってみてのお楽しみ♪



あと、大事なのは竿ね。

竿はヘニャ竿がよろしおす。

硬い竿だと当たっても弾いてバラシてしまうから、なるべく柔らかい竿にした方がいいですよー




などとマジメに語ってるうちにポイント到着。

いざ、釣り開始~~あげ







で、

開始早々にみんな当たる当たる!

一流し目で、船中2枚のヒラメが上がりました!(他、ギャオス2)




親分&ご隠居にもアタリありドンッドンッ

ダブルヒットーー!!??




がしかし、仲良くカーニバル…


ぐりんぐりんの仕掛けと、ハミ跡つけたイワシが上がりました~…

・・・汗





仕切り直して再投入





しばらくして、魚探に好反応が出たと、船長よりアナウンスあり!

どうやら青物が回ってきたもよう。

青物狙いの人はやや上のタナを狙うよう、船長から再アナウンス。



青物も魅力的だが、一応ヒラメの取材なんで、あえて上は狙わず、努めて底をキープします。




すると‥

ドドドドド!と、わかりやすいアタリがきました(゜∀・)キラキラ


すぐにアワさず、しっかり食わせて巻き上げ開始すると

グイングイン!
たしかな手応え。

「のったLOVE

いよいよ親分にもヒラメ登場~~~あげ




て、喜んじゃったけど…



ゴンゴンゴンゴン溜め息溜め息

掛けた獲物はひたすら激しく暴れ続ける。


なんだかヤナ予感…

 ↓
 ↓
 ↓

ヤナ予感的中

上がってきたのはハマチくん。
関東弁で言うところのイナダさん。
北陸弁で言うところのフクラギどん。

底キープ意味なし(爆)



ハマチ好きの人には申し訳ないが、ヒラメ釣りの外道でハマチはいただけないんだな~(´-ω-`;)・・・・

青物ならワラサクラスじゃないと…(;へ;)

↑しかも写り悪く小魚にしか見えない…ががんおい





てなこと言ってたら、次に強烈なアタリがキタ!


モゾモゾ‥ぐっ!! 
ゴキューーン!!!!

てな感じで竿は「つの字」にグニョリ曲がり、グイングイン強烈な引きで電動リールちゃんは「ジュ‥ジュ‥」とドラグ出して苦しそうが~んが~んが~ん



ふむ
これは、この引きは間違いないです



これです

どーーーーん!!

ワラサーーん↑↑↑



これこれ。
ヒラメ釣りの外道の青物といったらコレじゃないとにこにこにこにこにこにこ


とりあえず、ヒラメ違うけど撮影してもらいましたチョキ







にしても…
肝心のヒラメが当たりませんなあ…


我らは左舷の釣り座だったんですが、反対側の右舷はバンバン当たってるんです。



左舷は皆無…



どうも潮の当たりがよろしくないようです(=´;3;`=)(=´;3;`=)(=´;3;`=)

ま、この運のなさはいつものことやけどねー(`_´)ダッシュ






そりでも根気よく誘いなどかまして待ってたら、よーやくきました

ソゲっちーーー↑↑↑

カレイちゃいまっせ。
ラメヒでっせパーダッシュ


編集長のアドバイスに従い、ちゃんと左向けて撮影。





ご隠居にもきました

ラメヒを持つご隠居が撮影されてるところを撮影(笑)







それからまた沈黙の左舷となったのですが…

後半潮が変わり、バタバタとアタリラッシュ到来!



ラメヒ×3追加!

ついでに言っとくと、サイズもアップ!

もう誰にもカレーカレーライスとは言わせない!

写真ないけどねダッシュ(←意味なし(笑))





お目当ての写真も撮れたんで、ちゃっかり釣りをする編集長

ちゃっかりしっかり2枚釣ってはりましたわ。
しかも1枚は置き竿で…青首大根 コラダッシュ(笑)




そしてご隠居にワラサがくる!

ご隠居ご満悦LOVE




これで打ち止めなり。




釣果はご覧の通り

てゆーか、ヒラメ×4のワラサ1、ハマチ1

トランク大将久しぶりに活躍するチョキ(笑)


取材もまあ無事成功したんでヨカッタヨカッタキラキラ






この時期のヒラメ釣りはアタリバンバンあって、数釣れてほんまおもろいでっせ~にこにこにこにこにこにこ

ちょっとアタリが片寄ってしまうのがツライとこやけどね…(´-ω-`;)



これから秋が深まり冬になってくると、サイズはアップするけど難しくなり釣りにくくなってくるんで、ヒラメを数釣りたい方は、早めの釣行をオススメするよん♪






【追伸】
このたびの美味しい釣果のヒラメとワラサ。大変喜ばれながら各方面に嫁にもらわれていきました…

親分ひと口も食わずして…





ん~~~…

また釣りに行こう!




つーか、捌けるようになろー

にゃーにゃーにゃーあせる
プロフィール

ネコ親分

Author:ネコ親分
シュールでネガティブ
ネコ親分さんはちょっぴり釣りが好き…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。