スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣船料金は魚の値段と比例しているわけではないけれど

ばたばたばたばた





週末である。




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






近所のスーパーでタチウオが売ってた。



どれどれ

相場はどれくらいのもんかのう?

税込285円

サイズも先日釣ったのとおんなじペンペンサイズ。

ペンペンのくせになかなかの値段でねーか。




ん? てことは…


285×45(先日の釣果)=12825円!


ふむ。船代のモトはとれたな(笑)





明日はモトがとれそうにないカワハギ釣りに行きます。










にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウマシカブー+変態 駿河湾の海の幸を満喫【~タチウオ】

よーやっと釣りの話(笑)




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






10月25日(日) AM0:00
静岡県焼津港 貴政丸乗船

深夜タチウオリベンジなのだ!
今日こそ指7のドラゴン釣ってやる~~(^^)





こっからメンバー1人追加。

地元静岡の変態“たまちゃん”参戦!

さしずめ「ウマシカブー+変態」てとこか。(←そのまんま)

あ、そーいえばこのメンバーはまさしく1月の徳島カワハギメンバー(再)ですよ。(だからどーした)



てな感じで、さらに賑やかなメンバーになって

AM1:00 いよいよ出船





↑船酔いが心配で気が気でないネコ親分(笑)




10分ほど走ってポイント到着。
近くでいいねえ♪



で、釣り開始。

水深40メーターそこそこ。
タチウオの反応は20メーターぐらいまであるみたい。



今日は新しい竿のデビュー戦でもある。

60号錘を背負わせて…
ぐにょーーんと曲がる、なんかすんげー柔らかいんだけど実はしっかり者の全身メガトップ「スリルゲーム64」

高かったんだからいい仕事してくれよ~~



とか言ってたらすぐアタリ。


ガリ・ガリ・ガリガリ・ズコーーーン!!! と激しく曲がるスリルちゃん。


上がってきたのは正真正銘のタチウオ!

けど細身。いわゆるペンペン。

だけど釣れてうれしー♪



うぇぽん馬さんも

ゲッツ!


おかっぴちゃんも!

OK~!


実はタチウオ釣り今夜が初めてで苦戦気味だった変態も

無事GE----T!!



前回と違って今宵のタチウオちゃんは、はじめっから活性よく、アタリばんばん。

おかげさんでネコ親分さんは船酔いしてる間がない!

なんだか今夜はやりきれそうな感じ~♪



てか、中乗りさんのケツが気になって… 別の意味で胸が…(吐)

これ、まだましな写真だけど、ずーーーーと半ケツ見えてましたからねッ!
しかも毛が…(秘)


そんなおケツを見ないように、ひたすら釣りに集中集中!(爆)




まあとにかくよくアタリよく釣れます。

でも、
いかんせんスレンダーペンペンばっかり。

釣っても釣ってもペンペンペペペン、ぺぺペンペン!







指3~4本がアベレージ。


これって、師崎で釣りしてんのと変わらんのでは??

などと素朴なギモンが頭をよぎるが、前回も明け方にドラゴンが釣れたし、今日も明るくなってからドカンとくるかもしれない。

素朴なギモンは打ち消して、ひたすらペンペンを釣りまくるのであります。












サンライズ。


待ちに待ったドラゴンタイム(仮)となったわけだけど…

なんか、ドラゴンどころか、ペンペンの気配さえも薄くなってきたよーな…




そんなときに

ずこーーーーーん!!! と!



うぇぽん馬さんにトラコン来た~~~(ドラゴンではなくトラコンね)


ネコ親分の指で5本

前回釣れたようなごん太ではないにしろ、今日初の大物です!



やっぱりデカイのは夜が明けてからくるんだ!



竿を持つ手に力が入るも…



この後、ドラゴンもトラコンも訪れることはなく

ペンペンも消息して、アタリなくなり終了の時間をむかえるのでありました。





てなわけで本日の釣果

ペンペンタチウオ45本



まあ、指でいうところの160本くらい?(爆)


残念ながらドラゴンは釣れんかったけど、こんだけ釣れたら満足かな。

スリルちゃんもいい仕事してくれたし♪

お疲れ様でした♪






さて

んなわけで、釣りを終えた一行は

またしても小川食堂へと流れ込んでいくのです。



なんにしよー?

シラスはもうたらふく食べたから、ちがうものに。





マグロほほ肉定食なんだな。

見た目「肉」なんで、そんなイメージで口にすると裏切られる噛みごたえとさっぱり感(爆)

でも美味しかった♪




こうして最後まできっちり駿河湾の海の幸を満喫し、ウマシカブー変態はそれぞれ帰路につくのでありました。





みんなお疲れ様でした!

また遊ぼうね。



ばいちゃ(^-^)ノシ










にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ウマシカブー駿河湾の海の幸を満喫【権吉・うら梅~】

人生初のシラス漁(見学)はなかなか感動的なものでした。

サクラエビやホタルイカ漁なんてのも綺麗なんだろな~…




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






獲れたてシラスを堪能したウマシカブー。

次の目的は「駿河湾海の幸ランチ」

これは料理人・小峠O石さんの店でいただくことになっている。



そんなわけで小峠さんは先に帰ってランチの準備に。

ウマシカブーは時間つぶしと腹ごなしにイシグロへ~♪






で、

AM11:30
やってきたのは小峠ことO石さんの店「ととのや権吉」



技能工免許&日本料理専門料理工が腕を振るう和食料理店(食べログより抜粋)

技能工やら日本料理工やら… 
小峠、ほんまにすごい料理人やったのね…。




そんな小峠、今日は我々のために特別に、メニューにないランチを用意してくれました。



まずはやっぱり「生シラス」

さっきのに比べたら鮮度は落ちるけど、まだまだ獲れたてピチピチで美味しいよ。


そしてマグロ・カツオ・ホタテ・ハモ・タチウオの刺身

普通の醤油、特製“権吉醤油”、お好みで海苔をつけていただきます。


秋刀魚汐焼き

普通の秋刀魚なんだけど、ウチで食べるのより美味しく感じてしまうのは気のせいか?


かき揚げ

「かき揚げのO石」と言われるくらい有名で絶品!

そのままでももちろん○。
これをご飯にのせて、かき揚げ丼にしていただくのも◎



朝の生シラス3杯からそうは時間が経ってないんで、さすがにお腹いっぱい。

もう食べれませ~~ん  てとこに

どーーーん

小峠自慢の鯖寿司登場!(笑)

「な、な、な、なんて日だーーーー!!!!」(←はっきり言ってワタクシ、これだけが言いたかったのでR)



もー マジで満腹満足!

これ以上食べたらお腹破裂しますというところでごちそうさま。

小峠の奥さんにゆで落花生と手作りマフィンをお土産にもたせてもらい、ウマシカブーは権吉を後にするのでありました。





それから焼津に移動して、夜まで自由行動。

各々、買い物するなり温泉に入るなり昼寝するなりして過ごし





PM5:00
今度はディナーへ(食ってばっかり(笑))



「なにが食べたい?」と聞かれ

フト、思いつきで「もんじゃ焼き」ってこたえたら

おかっぴちゃんがすぐさま店を検索してくれて、本当にもんじゃ焼きのお店に(笑)

焼津の路地裏にある「うら梅」さんへGO。

うぇぽん馬さんといい、おかっぴちゃんといい、グルメな人は美味しい店を発見するアンテナがすごいから期待大。



まずは乾杯




そしてもんじゃ選び

おすすめは「シラスチーズもんじゃ」らしい。

てか、ここでもシラス。
駿河湾グルメにシラスは切り離せませんよーで(笑)



店の親父が「これだけは俺に焼かせてくれ」というだけあって、こだわりのシラス入りでこだわりの味つけ、こだわりの焼き加減のもんじゃは











「う・う・う・うまあああああああああい!!!!

ネコ親分は関西系東海人だし、うぇぽん馬さんは東北系東海人だし、二人とももんじゃ焼きはあんまし食べる機会のない食べ物でしたが、「もんじゃってうまい!」って感動しきり(笑)

もんじゃ慣れした関東人のおかっぴちゃんも「これはうまい」と褒める美味しさ。



あっという間にたいらげて、次!









ビールに焼酎コーラにウーロン杯… イカサクラエビとかアサリキムチとかお好み焼きとか…
どんどん飲みまくり食べ散らかしてゆくウマシカブー。


うまいうまい。
この店選んで正解でした(^○^)



そして、ウマブーはさらに焼きそばやらもんじゃを追加。

まだまだ盛り上がるうら梅もんじゃでしたが、ここでネコ親分さんはウマブー二人を残して車に戻り仮眠をばzzz

前回の夜タチウオ釣りで睡眠不足から船酔いになりひどい目に合ったから、今回はかなり用心しているのです、はい。





PM10:00
ええころあいになったウマブーがうら梅から帰還。


駿河湾の海の幸(が入った)もんじゃ、これまた美味しくて大満足!でした。





てなわけで腹も満たされた一行は焼津港へ移動。

次はいよいよ深夜タチウオ釣りです。










つづくーー



にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ウマシカブー駿河湾の海の幸を満喫【シラス漁~】

話はまたまたウマシカ遠征(今年何度目だ(笑))

0泊2日のプチ遠征ですが、話題はたっぷり。

こたびも長い話しになりますが、どうかひとつ気長におつきあいください。




ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー





10月24日(土) AM3:00
愛知県刈谷ハイウエイオアシスパーキング

何年経っても何度来ても、釣れても釣れなくても眠くてもおなかすいててもセンチメンタルでも、ここに集合する時はワクワクしてしまう。
恋かしら?(爆)



今回のウマシカ遠征の行先は静岡県。
今回「も」だな(笑)


プランは駿河区は用宗港より出港の漁師船に乗り「シラス漁」の見学。
獲れたて新鮮生シラスを実食し、その後海の幸のランチ。
隣りの焼津に移動し、翌日深夜より焼津港発のタチウオ船に乗って「タチウオ釣り」をするというもの。

美味しいものと釣りを融合させた、ウマシカお得意のパターンですね。



いつものように刈谷からはうぇぽん馬さんに運転を任せ、いざ静岡へ。





AM6:00
静岡県駿河区用宗港到着。



ここで放浪のプータロー釣り師“おかっぴちゃん”と合流

おかっぴちゃんとは1月に行った徳島カワハギ以来だけど、相変わらずの巨漢だね(笑)
秋も深まり朝方は特に冷え込むというのに半パンの夏仕様で登場だし…(^_^;)



そしてもう一人
うぇぽん馬さんのFacebook友達で、このシラス漁見学に招いてくれた静岡の小峠…
もとい、静岡の料理人“O石さん”とご対面&合流。


この小峠さんは仕事関係でシラス漁船とのツテがあり、今回そのツテでトクベツに乗せていただくことができたのです。

なので、普通に「シラス漁見学ツアー」というものは存在しませんのであしからず。




お世話になるのは「八坂丸」

八坂丸はこのあたりじゃ有名な腕のいい漁師船だそーな。



待ちに待ったシラス漁にウマシカブーのテンションは上がりたいホーダイです!







AM7:00
シラス漁船が一斉に出船

港を出ると各船右に左にポイント目指して突っ走ります。

ちなみに我々が乗っているのは獲れたシラスを港に運ぶ運搬船

船長よろしくお願いいたします!



早く生シラス食べたいねー



ウマシカブー3人、テンション高くひたすらはしゃぐ(笑)





あ・そうそう、うぇぽん馬さん(左)は7月にもシラス漁船に乗っているのです。

ただ、この時はまさかのボ○ズだったらしく、彼は獲れたて生シラスにはまだありつけていません(涙)

ネコ親分は、この7月のシラス漁のお誘いはマルイカシーズンと被ったのでお断りしたんだけど、お断りして正解だったかも(笑)



まあしかし、次回はご一緒してねとお願いして3ヵ月。今日をむかえたわけです。


社交辞令は嫌い。

「行こうね」と行ったからには実行する。

実行できてよかった。



そんなことを思いながら、窓の外を眺めていたら眠たくなってきましたzzz‥



シラスの群れはなかなか発見できず、長いクルージングが続きます……






小一時間ほどウツラウツラしたのかな?

気がつけば八坂丸はシラスの群れを発見し、漁が開始されていました。



2船で網を引いています。



そして引き揚げ~~





網の引き揚げは途中までローラー(機械)ですが、魚の入った網まで巻くと、そこからは人力です。

漁師さんが一丸となって網を引き揚げます。

見てるだけでどえらい重労働なのがわかります。

あの小さいシラスにも男達の知らざれるドラマがあったのですよ(爆)



一番網には少し大きなシラス(煮干しサイズ)と外道が。





そして漁師さんが「ここからが本物だ」と言った二番目の網には





キラキラ眩しいばかりの透明感のある白くて美しい混じりっけなしの純シラスが!

この純シラスこそ1カゴ○○万円という値がつく駿河湾の最高級シラスなのです。



すごい!
綺麗!



こんなにも魚を綺麗と思ったのは初めてかも。



大漁大漁!

流石、用宗港イチの漁船・八坂丸なのです♪



そして、シラスはすぐさま港へ。

我らが運搬船は超スピードで港に戻るのです。

生シラスは鮮度が命!




港ではセリが行われていました。





セリ場のお姉ちゃん、なかなか可愛かったです(爆)



ここで先ほどのシラスを水揚げをし、八坂丸は二度目の漁へ。


最高級シラスをいただいて我々は下船。

輝かんばかりの超新鮮シラス。

獲れて一時間以内。
今まさに日本一新鮮なシラスを

港のベンチでいただきます!











う、う、う、、 、

うまーーーーーい!!!!!!



なんでしょう!
この甘さ!

今まで食べてきた生シラスとは全然違うじゃないか!

驚きの美味しさにお皿3杯も食べちゃいました(笑)



この旨さはもちろん「新鮮であるということ」なんだけど

小峠いわく、今この時季に駿河湾で獲れるシラスは一年の中で一番美味しいんだとか。


いや~~ まいった。
久しぶりに食べ物で感動しちゃったわ。




貴重なシラス漁見学という体験と、獲れたて生シラスを食べるという経験をさせてくれた小峠…もとい、O石さんと、それに誘ってくれたうぇぽん馬さんに感謝感謝!

ありがとうございました(*^^*)





そんなわけでまずはシラス漁見学・生シラス実食は大成功!

次はさらなるグルメの世界へ(!?)






つづくのだーーーー!










にゃーにゃーにゃー
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ネコ親分お久しぶりのウタセマダイに行く

秋ですねー


ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






10月17日(土)
鳥羽・国崎

秋のウタセマダイが絶好調ということで、四季楽釣会メンバーで一狩り行って来ました。




国崎にウタセに来るなんて何年ぶりかしら?

乗るは幸丸幸子ちゃん♪



連日爆釣につき、幸子も満員御礼なのね。
よってハルキ王子はお留守番でーす(笑)



港のイケスからウタセエビを取り出して積み込んで…



いざ出陣!




港を出てスグ、大きなウネリが……

そーでした。
今日は前線の影響で波高3~4メートル予報。

特に国崎は港を出てすぐが磯続きの瀬になっているから波が荒い。



揺れる幸子。
ネコ親分苦笑い。

しかし国崎船にとってはこれくらいの波「日常茶飯事」。

白波蹴散らしズンズン進むのであーる。





30分ほど走ってやってきたのは鯛があふれんばかりの☆マイル漁礁。



アンカーが打たれ、早速釣り開始。

仕掛けは胴突き3本針。
オモリは艫から30→40→60→80→100号…と、秋のウタセとは思えぬ潮の速さ(笑)

さし餌・撒き餌共に活きウタセエビ使用。

ほんま贅沢な釣りですな。




仕掛け投入、着底と同時にアタリあり。

すかさずアワセるとゴンゴンゴンと竿先を叩くような引き。

この引きはまさしく

MADAI!

型は小さくとも それなりに引く。さすがは真の鯛♪



次も、その次も、仕掛けを入れればアタリアタリアタリの嵐。

ほぼほぼ20センチ前後のヤキサイズ真鯛で、たまに30センチちょいのチダイが掛かる。

あっという間にイケスは赤になってゆく♪



鯛釣り名人・四季楽釣会会長O総帥は、“追い食い”なる技で数を荒稼ぎ!

鯛の追い食いってどーよ?(笑)

「この調子やと50は釣れるなあ!」

総帥豪語!
もちろんサイズではなく数ね(笑)



その後も総帥は豪語するだけあってバカスカ釣りまくり。

置き竿にして、置き竿でも釣るんだもん。 さすがはベテランのなせる技?

ネコ親分も同じようにやってみるんだけど、同じようには掛からないんだな~。


それどころか、フグやらマルイカみたいな小さいアタリに条件反射で反応してしまうフシがあり…

思わずアワセて

こんなん掛けてしまう……

この目、この口…
ふてぶてしい…(-_-;)



鯛には鯛の釣り方があることを思い知る2015年秋……





船中ある程度ヤキサイズが釣れたところで、ポイント移動となりはべり。

次のポイントは一発勝負の大鯛狙いです。



けど、一発勝負だけあって、掛かればデカイが掛からないとなるとなーんも掛からん(エサ取りもいない)。

さっきまで毎投入アタリがあったのに、一転アタリゼロとなると…… 退屈で辛抱でけません(爆)


他のお客さんも「型はいいから鯛をつらせろ」と要望したようで

幸子は再び小鯛狙いにポイント移動となるのです。





で、

そうこうしてる間にサンセット国崎

半夜ウタセマダイ最高潮の時間。


本来ならこの時間になれば、うっとおしいエサ取りが消えて、ドカンと大物が釣れるんだけれど……


本日はハズレ。


てか、アタリはあってヒットしたんだけど、バラシてしもた󾫵




まあそんなわけで、今回は秋のウタセマダイらしく「型より数」な釣果で終了となりました。

他の人はカンパチ(シオ)や良型のアジも釣ってたよ。

久しぶりでしたが、色々といっぱい釣れる秋のウタセは楽しいね。





釣果は半分はお嫁入りし

残りの小鯛は干して



一夜干し♪


あとはフツーに塩焼きと



洋風はアクアパッツァで

いただきました♪


さすがは鯛。
どんな食べ方でもウマイでござる。

食べたらまた鯛釣り行きたくなったわ(笑)

でもウタセマダイは船代高額だからなかなか行けないんだよねー(^_^;)











おわり

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

フグメインでカワハギが混じるだろう釣り

ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






早朝からのHAZE1GPを終えて

午後からは相差の魚勘丸に乗ってカワハギ・フグ釣りです。

魚若船長は「本気でカワハギ狙う!」と言ってますが、ウマシカ的には「フグメインでカワハギが混じるだろう釣り」と思っている(笑)


なので、ウマシカ二人共最初っからカットウ仕掛け1本!

エサは1年熟成させたバカ貝・BKT(ブラックタイガー)・BNM(バナメイエビ)

くっさ~~~~(;´д`)





PM1:00 出船



「まずはフグ狙い!」らしい。

魚勘丸、フグポイント目指してずんずん進んで行きます。



この時季のフグ釣りは反応を見ながら流しで釣ります。

関東界隈の方からしてみれば、そんなもん当たり前と思われるやもしれませぬが、ここいらでは時季によりフグはカカリで釣るのどす。


ちなみにカワハギは年中カカリ釣り(爆)

フグのカカリは許せても、カワハギのカカリはあきませんなぁ。

魚のいない場所でのカカリ釣りなんざアホらしくてやってられんし、激流潮で50号やら60号オモリ使わされるカワハギ釣りも死にたくなるね。


ま、ここで愚痴っても変わらないし仕方ないんだけどね……(-_-;)




最初はあんまし反応よくなくポツンポツンなアタリでしたが

塊反応に当たったらアホみたいにパカパカ釣れる!



うひゃひゃひゃひゃ~~
久しぶりのグフの重量感ある引き、たまりまちぇ~~ん♪



ショーサイがほとんどでコモンが混じる感じ。

そのコモンも真冬の群れコモンと違って型がいい。



けど、活発な塊反応はちょっとだけで

あとは砂漠の中のオアシスを誰が見つけるか みたいな…

まれに現れるポツンとしたピンフグを掛けたもん勝ちな釣り。



フグに混じってカワハギがポツンポツン。

これで船長はん満足したのか、カワハギだけ狙いはなく、最後までフグ流しでGO!(笑)




んで、日が暮れてNO-竿



15Fuguだったかな?

艫で釣ってたお客さんは30数匹釣ってたらしい。

そんなにアタリあったんだー (笑)




まあ良型フグが10もあれば十分なお土産になるのですが

ナント、魚勘丸さんから追加のプレゼントあり!

ありがとうございますだ~~󾫴󾫴󾫴

言っとくがザリガニじゃないよ!(笑)




帰って早速いただきました!



フグは鍋~♪


イセエビは

刺身と


焼きと


味噌汁で♪


ん~~~
シ・ア・ワ・セ(*´∀`*)󾬍

美味しいの食べてる時だけ幸せですわ(涙)





てなわけで、今シーズンのフグ釣り開幕戦はこんな感じ。

フグはまだまだこれからが楽しみです(^-^)v










おわり

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

第2回 ウマシカHAZE1グランプリ【第二戦】

2015HAZE1GP第二戦

誰かさんがアレでアレしてアレコレあって、開催予定日・釣行時間・開催場所が大幅に変更……




ずんどこちん
ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






10月11日(日)早朝
輪をかけて感じ悪く天気悪󾀂󾀂󾀂


潮周りから朝3時半に集合して釣り開始にすればいいかと考えていたけど、朝方まで雨が降るみたいやから集合時間を一時間遅らせて天候回復を期待してみた。




しかし

朝になっても雨は止まず……

シトシト、時にザーザー

夜が明けても降り続く……


決戦は冷たい雨の中、文字通り冷戦となり行われることに。




場所は鳥羽「畔蛸」

この後、相差の船に乗って釣りに行くので、なるべく相差に近い場所で釣りすることにしたのです。



「畔蛸ならハゼ釣れるよ」と情報をもらって来てみたものの

畔蛸の何処で釣れるのかは謎。



やはり川から海に繋がる河口がいいだろうと、ナビを頼りにそれらしき場所を目指し車を走らせます。


対向不可能な所々崖崩れした怖い極細道を進み、やって来た所は









なにかしら不気味で陰気な八墓村みたいな場所…󾍁


こんな場所で果たしてハゼが釣れるのか?
てゆーか我々は生きて帰れるのか(爆)

不安にかられながらも、とりあえず竿を出すのです。



気乗りはしないけど…HAZE1GP二回戦スタートです。





まずはネコ親分。

超チンタHIT

陰気な場所だけど生命反応はあるようで……



続いてうぇぽん馬さん本命HIT

陰気な場所だけどハゼいるみたいです。




その後はポツポツ。(超チンタ率とか超クサフグ率のが高いですが…)




どんどん潮が引いて釣り場がなくなってきて、超チンタや超クサフグのアタリさえも遠退いてきたところで地元のオッサンに

「こんなとこで釣っとらんと漁港行った方が釣れるでよ」

と声をかけられる。



「港でハゼは釣れますか?」と聞いたら

「釣れる釣れる」とオッサン。


それじゃあと、道具をしまって畔蛸漁港へ移動。





しかし……


オッサン情報は完全なガセ。

港内にハゼの気配など一切なく、釣れるのは青々としたワカメばかり……(-_-;)ダマサレタ…




早々に切り上げ、結局相差の船着き場にやってきました。

船溜まりにはスズメダイやらチビフグやらコッパグレらしき姿が見えます。


ハゼいそうにないし、もうどうでもよくなったネコ親分は、のべ竿に玉ウキ仕掛けでこの小魚たちを狙います。(釣れませんでしたけど)



うぇぽん馬さんはきちんとハゼ仕掛けを投げ込んで

こーんなのを釣ったり


いないと思われた本命ハゼをHITさせたりしてました











結果



最後までハゼを釣りを通したうぇぽん馬さんが9HAZE

ネコ親分さん4HAZE





HAZE1グランプリ第二戦はうぇぽん馬さんが勝利したのでしたー( ̄^ ̄)チェ~




これにて2015年度のウマシカHAZE1GPは閉幕。

また来シーズン、できれば開催したいですね。

きちっと計画的にね!(←根にもつタイプ(笑))






午前のハゼ釣りを終え、この後、午後からフグ・カワハギ釣りへと向かうのですが

その話はまた次回につづくのでありまーす。










なんとなく つづく

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

第2回 ウマシカHAZE1グランプリ【昼の部】


第2回
ウマシカHAZE1グランプリは初日(夜の部)を終え、2日目(昼の部)へ。



ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






10月4日(日)
AM6:00 津市香良洲漁港

夜明けの漁港は寒かった…。



ウマシカ同時に目を覚まし、行動開始。


ネコ親分さんは顔を洗ってスキンケアにメーク…と、朝の女子のたしなみを。


その隙に、うぇぽん馬さんは早々と竿を出している!

人がまだ準備してる間に1匹でも釣ろうというのか。

あ、釣ってる!

殺~~~~(-""-;)󾭗󾭗󾭗




ここでは小一時間だけ釣りをして

ウマ:5
シカ:3

でまた移動。




そうしてやってきたのが





とっておきのモンタナさんポイントです!



モンタナさんいわく、「今年はこの場所はハゼが少ない」らしいですが

どこへ行っても貧果の我々は、もうこのポイントにすがるしかありません(涙)




早速やってみます。

潮もいい感じできいてきて、アタリがポツポツあります。


ちょいちょい釣れます。


おっと、いつの間にやらネコ親分さん逆転です!

ウマ:5
シカ:7

ウシシシシシ( ´艸`)いつものパターン(笑)



馬さん、焦って竿2本持ちのエセ名人風で攻めます!

そしてまさかのエセ名人技で生意気にも1ハゼ追加!



すかさずネコ親分さんヒット!

ん!? なんか大物ヒットしたよ!

うわっ! なんか泥煙たってるし!


うげげげげッ!!





マンタのたぐい(°Д°)!?󾭚󾭚


仕掛けぷっつん。
さよならでしたが、まさかハゼ釣りでアカエイ釣れるとはね… それも岸まで30センチなとこで……(;´д`)トホホ󾫵




それでもネコ親分の勢いは止まりましぇん!





ヒット!ヒット!ヒット!

連続ヒットでうぇぽん馬さんの追随をさらさらり~とかわすのです。 笑えます。笑いが止まりませんです (o´罒`o)ニヒヒニヒヒニヒヒヒヒ♡



調子にのってきたんで、ここらでのべ竿の仕掛けを玉ウキ仕掛けに替えて、少し余裕をもった釣りにチェンジ。

玉ウキなら沈んだところで上げればいいから置き竿でいけるかな~~ てね。



けど

このナマクラな考えが失敗でした。



置いていた竿を馬さんが蹄で踏んずけて、ポッキー󾭚󾭚(((( ;°Д°))))Nooooooooo~~~~!!!!!!

竿は帰らぬ人(竿)となったのです。



それから新しい竿を「遊」に買いにいくのに小一時間弱休戦。

「遊」から帰ってきた時には引き潮がきいてきてて、のべ竿で攻めれるポイントはなくなっていたという…(-""-;)チーン




まあ戦いにトラブルはつきものです。

気を取り直して「港飯」といきましょう!

またまたうぇぽん馬シェフが頑張ってくれましたよ♪



昨夜の豚汁にシイタケとウドンをぶちこんだ「キノコ豚汁うどん」

見るからに美味しそうであります!


港飯のお約束の鍋炊きご飯

いい感じで蒸らされてます!


これにおかずで定食の完成󾭠

ご飯×ウドンで炭水化物がバッティングしてるが気にしない(笑)



そして秋刀魚~~~~󾫴󾫴󾫴

炭火の遠赤外線で焼いた秋刀魚のうまさは秋のシアワセの形のひとつでせう。

スダチとショーユをかけて召し上がれ♪




港飯昼の部を済ませたら、すっかり周りは干上がって根ガカリだらけになってまいました。

そこでまたまた場所移動です。


といっても、すぐ近くの夏にネコ親分が釣ってた場所まで(100メートルぐらい下流?)です。

少しでも水深があって、なおかつ根ガカリしにくい所がいいなと。

夏、ネコ親分が釣りしてた所は全然根ガカリしなかったからね。



そう思ってプチ移動したんですが…

こちらもかなり干上がってて… 根ガカリどころか、回収時に手前のカキ殻テトラに引っ掛かるという… 超難易度が高い場所になってました。

そーいや夏に来た時は満潮に近い時間帯でしたな…(←バカ?)



それでも仕方ないからここで最後の一勝負です。

二人共、1投ごとに1針、手前根ガカリにやられるぐらい苦しみながらも頑張りましたよ。





PM5:00
エサがなくなって試合終~了~


結果



ププ( ´艸`)




ウマ:17HAZE
シカ:28HAZE

第2回
ウマシカHAZE1グランプリ
一回戦はネコ親分の勝利!でした。



ちなみにこの大会に勝利しても、名誉もなければ景品もありません。



小さな幸せが心に芽生えます(笑)






それでは次回、あるのかないのかわからん二回戦でお会いしましょう。

ばいちゃ(^-^)ノシ










おわり

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

第2回 ウマシカHAZE1グランプリ【夜の部】

第2回
ウマシカHAZE1グランプリ開催!




世の中色んな釣り大会がありますが

参加選手二人だけの最低人数大会は、このHAZE1グランプリをおいて他になかろう。



「大会」ではなく「対決」ではないのか?

という意見は聞いて聞かないフリ(笑)

大会のほうがなんとなく盛り上がりそうなんで大会にしておくのだ(笑)


追記 : 参戦者随時募集中(爆)





ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






10月3日(土) PM7:30
鈴鹿市白子漁港



ウマシカは1年の時を経てここへ戻ってきた!



白子漁港がいいのは夜中でも明るいこと。

ものの本やらヨソのブログによれば、夜はハゼは釣れないとありますが、明るい漁港内だとハゼも昼間と勘違いするのか夜中でも釣れるのです(昨年実証済)。




早速、ハゼ1GPスタート!


うぇぽん馬さんはちょい投げ2本出し。
ネコ親分はちょい投げ2本とのべ竿の脈釣りで。

この大会は、竿の数・針の数・仕掛けの種類など、詳しいルールを定めていないのでやりたいようにやる、やったもん勝ちなのであります(爆)




おっとー!
うぇぽん馬選手早速ゼーハーGETです!

本日初、今大会初のゼーハーGETで大満足のご満悦です!(笑)



さらにうぇぽん馬さん1ハゼ追加!

ああ、だめです!この男調子にのってます!

ネコ親分さんに2ハゼ差つけて調子にのりまくり!

超ウザイ!ウザウザであります!(爆)



うりゃーーー!!

ネコ親分さん焦りと怒りのしばき投げ!(爆)



で、これは置き竿にして…
のべ竿で岸近くを探ります。



すると…!

ドーーーーン!!!!

なんかとてつもなくでかいゼハ釣れました!


見てやってください。



ノリノリです!
まだ1匹目なのになんだか勝った気分で笑いが止まりません!(爆)


18センチありました!

後にこのデカハゼは「マハゼ」ではなく「ウロハゼ」ではないか?という物言いがつきましたが、シカトしてカウント1! (アバウトルールな大会ですが、カウントできるのはマハゼのみと決めていたりするのです。)



さらにネコ親分さん1ハゼ追加して、勝負は2対2の同点に。



うぇぽん馬さん、負けじと活発に誘う!

するとどっこい

お約束のセーゴちゃんHIT!

武士の情けで顔は写さず写真撮影してあげましたが 恥ずい!
これは恥ずかCデ~ス!



が、笑ってたらネコ親分にもセーゴちゃんHIT!

しかもサイズアップ…(汗)


夜釣りはセーゴちゃんがやたら高活性になるので、派手なアクションや誘いなどすると即セーゴちゃんのエジキとなります。気をつけましょう(←誰に言うてんねん)




と、

ここまではなかなかのデスマッチでした。


しかし、今宵の白子漁港のハゼは非常に渋く、なかなかHITいたしません。

誘っても探ってもだめ。
置き竿もっとだめ。

時間が悪いのか潮周りが悪いのか、水潮の影響か?

とにかくどないもこないもなりません。




で、我々は一旦勝負を中断し

ハゼ1恒例「港飯」の時間に突入するのであります!



今宵もうぇぽん馬さん提供の豪華な北陸産海の幸がズラリ!

1尾300円の牡丹海老とガス海老

牡丹海老は甘くて青々した卵まで美味しく
ガス海老はさらに味が濃くて絶品!


カニカニカニカニ!!
セコガニきたーーー!!!!



これも卵持ちでうんまうま!
カニ味噌最高!
地元の人は食べずに捨てるという脚の身までキレイにいただきましたよ♪


そして1尾500円の牡丹海老~♪

サイズが大きい上に、300円のより味が濃い!
ミソなんかとろける旨さでっせ!


そして涼しい秋の夜にぴったりなアツアツ豚汁



たっぷりネギと七味、お好みでオロシショウガを入れて召し上がれ♪





美味しいものを食べつつ、この後のことを会議。


このまま白子漁港で粘って釣れるのか…?
移動する…?
でも何処に?


会議すること2分。
二人は移動を決意(早ッ!)

ササッと片づけて津方面へ向かいます。
いや、むしろ津へ向かうのです。




途中、津市内の「極楽湯󾟺」でひとっ風呂浴び

すっきりして




AM2:00
香良洲漁港到着

実績があり、夜でも明かりがあるだろうと思ってきてみたけれど

どーにもこーにも眠たくなって、なんにもせずにクルマで仮眠するネコ親分。


うぇぽん馬さんは30分ぐらい竿を出したらしいけど、アタリなく、これまた就寝zzz...





第2回
ウマシカHAZE1グランプリ【夜の部】

ウマ:ハゼ3
シカ:ハゼ2

スーパー貧果、底レベルな争いのまま昼の部へ!(笑)










つづく!

にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
プロフィール

ネコ親分

Author:ネコ親分
シュールでネガティブ
ネコ親分さんはちょっぴり釣りが好き…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。