スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳戒態勢の伊勢志摩に近づいてみたwww

ジツに天気の良い週末。

どーしても釣りに行きたくなったので海に行ってみました。



元ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






5月21日(土)  正午過ぎ
南伊勢町田曽浦漁港



久しぶりの波止釣り。
ターゲットはキス



しかしまあ 伊勢志摩サミット直前とあって、いたるところに海上保安庁の巡視艇が…



よく見りゃ港にいる人はほとんどがケーサツ関係者。

その隙間に釣り人がチラホラ。
なんだか異様な感じ…。





開始早々にいいアタリでいいヒキがあって

良型げっちょん♪


ここじゃピンギスしか釣れんと思ってたからびっくり。

しかも 「これはイケるかもかも!!?? 」
て 思ってしもた(爆)




まあそういう時はたいてーイケませんよね。



その後はへんなハゼばっかり…

ハゼハゼハゼ、たまにちっちゃ~いメゴチ、ハゼハゼハゼ…


あかん。 全然キス釣れん。

アタリはちょいちょいあるんやけどね~…



まあそうやって、渋くも静かに魚とのコンタクトを楽しんでいたら、なにやらバラバラバラバラとけたたましい爆音が聞こえてきて…

なんだなんだと思ったら、ケーサツヘリが次から次へと飛んできては向かいの大突堤横の広場に離着陸するではないか!

それがもーやかましいのなんの!

砂煙も強烈で息苦しいし、だいたいからして魚釣れんし(←泣) …ゲンナリ 󾫵󾫵󾫵







早々に釣りをやめて退散しちゃった(笑)




帰りに1年ぶりの鈴木水産に寄って、かなり遅めのランチをば。

お刺身定食880円♪ 
安い!



そして、松阪の遊に寄って買い物して

夕日を見ながらとぼとぼ帰りましたとさ。


やっぱサミットしてる地域には近づいたらいかんねー。

今週末は伊勢志摩から離れて釣りしよーっと(^^)



【P.S.】
唯一の釣果だった良型キスは、これまた久しぶりのキスわさにしていただきました。

やっぱキスわさはうまかった!

けど天ぷらも食べたかった。

キス釣りリベンジするぞ!(笑)










おちまいっ!
にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

鮎の夏2016①【今年のスタートは宮川解禁!】

4月某日、とある鮎釣り名人より1本のメッセンジャーが届く。

「宮川年券女子無料!宮川解禁ヘ是非オ越シクダサイ!」



タダより怖いものはない。
しかし、タダより安いものもない。

しかも解禁。
解禁イコールいっぱい釣れる。

つまり→タダで鮎がいっぱい釣れる



「行きます




タダ大好き
元ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






5月14日(土) AM3:00
人生初の宮川の解禁にやってきて、真っ暗な河原にたたずむネコ親分。

明かりは時々照らされる車のヘッドライトと自分が持ってる懐中電灯のみ。
知らずに人が来たらお化けがいるんかと思われてしまいそう(爆)



なぜこんな真っ暗闇の川に入っているのか。

それはその場所はとある名人が前日から目星をつけてくれていた超おススメポイントだから。

宮川では解禁日前の本人不在の場所取りは禁止されています。
いいポイントに入りたければ解禁当日にその場所にいなければなりません。

「ここは前から目をつけてたんじゃ!」て言うても、そんな寝言は通じません。

解禁は場所取りからが戦い。
誰にも取られんようにするにはとんでもない時間から川に入ってそのポイントを死守するのです。




AM4:00 白々と夜が明けはじめようやく自分の周りの景色がわかりだしました。

とある名人がネコ親分にと目星をつけてくれてたポイントは「瀬肩のチャラチャラ」
鮎がついていてしかも釣りやすい、ネコ親分の大得意なポイント!

前情報では鮎はわんさかいるらしく、水温が上昇する昼頃には入れ掛かり間違いなしなんだとか。

「入れ掛かり… グシシシシ♪」

そんな光景を想像するだけで笑いがこみ上げてきますがな(笑)。




AM5:00 明るくなり、いよいよ釣り開始

2時間も何もせず暗い川にいたのかと思うと我ながら感心するわ。



2016年、今年の初鮎。
大漁の祈りを込めて、オトリ1号発進!








30分経過。
アタリなし。




1時間経過。
アタリなし…
オトリを2号に換える。





3時間経過
アタリなしっ!!!



まわりでは「釣れた釣れた」の声が上がってるし、あっちでもこっちでも竿が曲がって解禁らしい光景が見える。

そんな中で開始から3時間、ただの1回もアタリがなく、1匹も釣れないなんてありえない!
いくらなんでもそんなに鮎釣り下手じゃないぞ!


とある名人のおススメポイントだし、昼には入れ掛かりになるを信じてずぅーーっと粘っていたけれど、いよいよやばい。

「もしやここには鮎がいないのでは…」

そんな予感がしたので、一旦竿をしまい対策を考えるため川から出ます…。




よさげなポイントは当然人人人で、今さら入れそうになし。

さてどうしたものか… 



そうしたら、同じクラブのメンバーH尾さんが「ここで釣りやー」と、自分の釣っていた場所を空けて呼んでくれたのです!

嗚呼、なんとありがたい…。
これまさしく神の御言葉…(涙&感謝)




それからどうにかこうにか初鮎GET!

ようやく釣れた感動の1匹。

マジで涙流れそう…



天然野鮎が手に入ればハナシは早い。
ポポポーンっと2匹目追加。

やっぱ鮎釣りは場所オトリですわー!




ようやく釣れだした頃合いで、そこいらで釣っていた仲間のおじさんたちが昼ごはん休憩に戻ってきました。

みんな「50釣った」だの「60釣った」だの嬉しそうに話してますよ(-_-;)

その時ネコ親分さんはまだ2匹…


「うおおおおおお~~~~!!!!!」

もう昼ごはんなんて悠長に食ってるバヤイやありません。
一人川に残って、みんなが休憩してる間に必死の追い上げをかけるのです。



その甲斐あって、人が減った川では鮎の警戒心も薄れるため、ちょいちょい掛かるように。





時に2回転、3回転くらい連チャンで釣れる時もあって、ようやく鮎釣りらしくなってきました!

こうなると「鮎釣りほど楽しいもんはない!」と思えるんだな(^O^)タンジュンナンダナ!





PM2:00 
いい感じに釣れだして、いよいよ水温も上がって入れ掛かりじゃ~~~!

と思われたそのタイミングで、なぜか急に風が…(汗)


またその風がハンパない強風で、鮎釣りの長い竿は風の抵抗をばんばん受けてとんでもなく重くなるし、仕掛けも風に押されてオトリの操作が全くできなくなりました。

竿を持って支えるだけで精いっぱい!
足は痛いし腰は痛いし足は痛いし腰は痛いし… いやもーとにかく神経痛が痛いのなんの(←悲)




PM3:00
我慢の限界で早上がり!

その結果



朝2匹+昼から44匹=本日の釣果46匹(オトリ除く)


ほんと、朝はどうなることかと思ったけれど、なんとか釣れてよかった…

他の仲間は70・80釣ったとか、束釣った人もいるとか。

それと比べると…切ない貧果なんだけども、まあまあまあまあ自分なりには頑張ったと思うよ!うんうん(言い聞かせ)。





せっかく宮川まで来たんで、帰りにここに寄りました。

お土産にお持ち帰り中華そばをば♪



で、

今年の初鮎を塩焼きで

ん~~~~~っま!

宮川の鮎うまかった!(^o^)♪♪






以上。
今回もなにげに美味しい記事で締めくくってみました(笑)



鮎の夏2016はこんな感じでスタートです。










にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ムギの季節になったので【後編】

爆風吹きすさぶ深夜の沼津の海に繰り出したウマシカ変態トリオ。

晩御飯食べる時までは束釣り爆釣ご機嫌さんでありましたが…



この荒れる海で果たしてイカは釣れるのか?





イカ親分ですにゃーにゃーにゃー






向かい風を受け、波しぶきじゃんじゃん被りながらポイント到着。

港から10分程かな?
それでも水深はすでに100メーターはあるどん深駿河湾。



投錨されるとスグ船長からGOサイン。

いきなりの出船で準備できてなかったウマシカ変態は慌てて道具をセットして釣り開始。



あまりの爆風に全員表情が固い(笑)


指示棚は水深60メーターから上。

直結5本ツノ仕掛けでオモリは80号。

60メーターまで落としたら、一定の速度でジャカジャカ巻き上げてくる。
イカが乗れば「ガツン!」とした手ごたえのアタリを感じるはずなんだけど… 
ただひたすらに軽い巻き上げが続くのです…。

イカ… いないのか…?



念のため1度仕掛けを回収して確認してみると…

なんと! 
爆釣確実のガタガタスペシャルオリジナル仕掛けが逆装着されているではないか!((((( ̄□ ̄;)))))ガーーーン!!!!

こりゃいくらシャクってもイカ釣れんわ。


さらに、ウマちゃん、変態はドラグ締め忘れのイージーミスを!

これもまた無駄な空シャクリで一生イカ釣れん系(笑)

慌てて準備するとロクなことないねえ。
そして3人が3人ともほんとバカなんだねえ(笑)





改めて仕掛けをセットし直し、ドラグを締めて仕切り直し。



しばらくするとウマちゃんの竿にアタリがあり、めでたく本日の第1号が捕獲されたのです。

一同拍手



そしてまたしばらくすると、またウマちゃんの竿にアタリがあって、第2号無事捕獲 → 拍手。


で、またしばらくすると、またウマの竿にアタリがあって…   第3号…釣れたね…


さらに、またアタリ。 え? なに? 釣れたの? へー…



ネコ親分と変態たまちゃんには1アタリもなし。

二人とも爆風腰痛神経痛に耐えながら頑張ってしゃくるけど、イカちゃんからの反応はなしのつぶてのノーコンタクト。



するとまたウマにアタリが……(怒)



ウマが釣れば釣るほどにやる気メーターが下がるネコ親分と変態の釣れないコンビ。


いつしか2人は釣りをやめて、ヨソの旦那(ここではウマを指す)の悪口を言いまくる団地妻と化するのだ(爆)

しばらくこんなことをやって楽しく時間つぶし♪

嗚呼、人を罵るのってカイ・カン・





そうこうしてる間に待ちに待ったジアイ到来!

釣れた~~~~!!!!

しかもダブル~~~~♪♪♪


たまちゃんもデカイのきたーーーー!!!!

おお!なんか変わったカタチのイカだねえ!新種かな?(爆)
ビチビチ暴れてイキがいいッ!(鯖爆!)


まあ短いジアイでしたが、なんとか釣れて、呪怨と憎しみしかなかった団地妻達にも笑顔が戻ったのです(笑)。




その後はポツポツ…

このテンポじゃとても束釣りなんて無理だけど、それでもまわりの常連さんとおぼしきお客さんが全然釣れてない中、ポツポツでも釣果を上げていくことができたウマシカ変態トリオ。

これもガタガタ先生の指導とスペシャルオリジナル仕掛けのおかげかな(^O^)
あ、あと罵り団地妻で釣れないストレス発散したのがよかったか!?(笑)




夜が明けてきて納竿。



31パイパイ♪
準備してきた沖漬けのタレも活用できたし、よかったよかった♪


そして富士山見ながら帰港。



ロケーション最高だな~♪




港で変態とお別れし、ウマシカも帰路に着く。

ちょいちょい記憶にないところがあるけれど、無事に愛知県まで帰ってきて

ついでに以前作った焼き物を取りに常滑に寄り道~ なんだけどー 
知多半島道路が見たことないぐらい渋滞していてびっくりした!

ゴールデンウィークとはいえ、みんな知多半島にナニしに行くんだ?(←お前もだ)



寝不足のカラダに常滑の地味にアップダウンの激しい小道が堪えましたが

無事に焼き物確保!

今夜はこの皿にムギイカ料理を並べましょう♪



最後は「ママ食堂」で中華そばランチ♪



釣りの後のラーメンはうまいのだ。
(中華そばとラーメンは違うけどね)






と・ゆーわけで

2016年度の沼津ムギイカ釣行(1回目)終了でございます。

2回目、近々決行予定!(爆)

今度こそ束釣りたいぞーーー










おわり



にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

ムギの季節になったので【前編】

新緑の季節になると、静岡あたりから聞こえてくる“ムギイカムギムギ”の賑やかな声!

その声は名古屋のウマの耳にも届いたとかなんとか。

そしてその声を耳にしてしまえば、もう釣りにイカずにはいられんのが馬鹿魂。




5月4日(みどりの日)
ウマシカは通算3回目(今シーズン初)の夜焚きムギイカに向けて、鼻息荒く車を走らせていた(笑)



元ネコ親分ですにゃーにゃーにゃー






初夏の富士山を眺めつつ

新東名をECO走行するウマシカ。

目指すはムギイカの聖地(?)静岡県は沼津。



まずはイシグロ(沼津店)へ。

ここで静岡を代表する変態「たまちゃん」と合流し



イシグロのホープ“ガタガタ先生”のムギイカ釣り講座を受講。


ガタガタ先生にオリジナルガタガタ仕掛けも作ってもらって満足!



なんかもう束釣りできた気分だぜーい!(早い(爆))



そして一行は沼津港近くの某有名お食事処へ。

生&釜揚げシラスと生サクラエビの3色丼で束釣り前祝い♪


ついでに昨日誕生日だった御年(老)歳のたまちゃんもお祝いしちゃう!


店のおばちゃんの接客態度は悪かったけど3色丼はうまかった!
ああ、もう束釣り間違いなしだね!








21:00 沼津静浦港到着

本日お世話になるのは「勘栄丸」
去年乗って、なかなか感じのいい船だったんで今回もここにしたのだ。


ここの船長さんが連絡マメで、出船決定の連絡を3回も電話してくれましたの(笑)

で、その船長が「22時集合」「23時出船」と言ってたから、21時着じゃチト早かったかなと思ったけど… なんかすでに他のお客さんが揃っていて、みんな着替えも済ませてスタンバイOK!いつでもコイヤーの戦闘態勢に入っている。

すぐにでも出船しそうな勢いにビビるウマシカ変態トリオ。



ウマちゃんが中乗りらしき人に確認すると、なんと「全員揃い次第出船です!」とのこと。

聞いてないよ~~~~(驚泣) てかなにそのローカルルール!!??



慌てて準備して、向かいのウェルシア(ドラックストア)までトイレ行って…
て、このトイレが急いでる時に限って使用中なんだなーー!!


しばらく待っていたけどなかなか開かない女子トイレの扉。

その間にウマちゃんはナニを出してスッキリして出てくるし、焦るッ!

こうなったら男子トイレに入るしかない!

昔は田舎に行けば必ずおばはんが確信犯で男子便所入って用をたしてたもんよ。
昭和に帰れネコ親分!きみならできる!!!



と、男子トイレに入る寸でのところで女子トイレの開かずの扉がオープン。

中から年齢不詳、関係不詳の女子2人が無表情で出てきた…。

あんたらナニしてたん…(-_-;)???





そんな感じで無事(?)出船前のトイレも済ませて乗船。

我々の釣り座は左舷の艫から3つ。

オオドモから
変態→ネコ親分→ウマちゃんと並んで着席!と同時に勘栄丸出船!
早いって~~~

まだ準備もままならぬままに勘栄丸は真っ暗闇の海へと突き進んで行く。

その時海上風速おおよそ20メーター(暴爆風)

おいおいこんな爆風で釣りできんのかーーー!!??




不安をはらんだまま物語は後編へと続くのであーる。










つづく



にゃーにゃーにゃー

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
プロフィール

ネコ親分

Author:ネコ親分
シュールでネガティブ
ネコ親分さんはちょっぴり釣りが好き…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。